先日、あるセミナーを受けに行った時のこと

珍しい場所に出向いたので
いろんな方々が参加していました

最近はめっきり
タオ系の集まりばかりだったので
わたしにしたら異空間

そんな中に、
若い女性が普通におしゃれしていらっしゃいました
自分も若いうちは肌の露出とかかなりしていたし
自分を飾ることって大切なことでした
お洋服と共に香水もたくさん持っていて
気分で変えていたことも思い出しました

その若い女性は香水はつけてないんだけど、
何かが匂ってきていました
コロンみたいなものかな

暑い日だったのでエアコンの風にのり、
とっても微量なんだけど
化学的な香りがわたしの鼻を刺激
それと共に界面活性剤と
皮脂が混ざった若い人特有の臭い
そしてこういう霊媒体質タイプの方特有の
なんともつかめない体臭

一時間半の講義の間に、
わたしの体調は著しく悪くなりました
頭痛が起こり力が出なくなってきて、
エネルギー的な吐き気がして、
集中することが難しくて…
自分が保てなくなっていきました

彼女は全く悪くないけど、
一緒の空間にはもういれなくて
講義が終わり先生に話しかけられたけど、
愛想笑いをするのがやっとで
早々に退出してきました
先生の講義がおもしろくなかった風に見えてしまっているだろうな…
先生ごめんなさい
もう無~理~!

私もきっと知らない間に
こうして人に迷惑かけていることもあるんだろう

そんな風に思いました

外の風に当たりながら
ゆっくり呼吸をして…

呼吸を繰り返す時間と共に
だんだん身体が楽になり
サイレンが鳴り響いていた内側に
平和が訪れてきました

すごいなぁ
人の身体って…
身体が反応してくれるということは
自分を守ってくれているということ

どんな時でも
わたしの身体は
ベストな状態になる力が働く

よく考えてみると
身体だけでなく、
いつもわたしにとって
ベストなことが起こっているんですよね

たまにこういう状況にあってみないと
わからないこともある訳です

来店するお客様のなかに
音楽の先生がいらっしゃいます
その方はいつも
BGMを止めてと言われます

わたしが香りにどんどん敏感になっていくのも
職業病かもしれません

苦手なものはどう生きているかで
人それぞれ…

多様性の世の中ですからね
いろんな好みがあっていい

今の時代は
好みで自然と住み分けているのかも

そんな中で自分の生きる場所を
見つけられるというのは
健全な証なのかもしれません

[thumbnail target=”_self” src=”http://www.acua-michael.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/49b113ffd12d60ad8ef2f072a4398ec3.jpg”]

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+