3.11があってから、放射能のこと考えていました。
直後は体調もおかしかったし、体の中のアラームが鳴っていた感じでしたが、
徐々になれ普通になりました。
人間の体ってすごい順応能力があって、放射能も慣れちゃうのかな?って思っていました。
スピリチュアル的に考えると、なんらかの意味があって、今回の原発事故が起こっているのだから、意味はなんだろうとも考えていました。
そんな時、6月のKan.さんのWSに出た時か7月のクンルンネイゴンの講習会だったかいつか忘れましたが、放射能についてお話を少し聞きました。
人間の体にはDNAがあるけれど、ジャンクDNAと呼ばれているDNAが存在していること。
ジャンク=ゴミと呼ばれているが、それは本当は眠っているだけで、それが起きたらすごい働きをすること。
その眠っているDNAを起こすのが放射能なんだ、とKan.さんは教えてくださいました。

そうなんだ~!と思いましたが、私が他人に説明するには証拠不十分で、なんか根拠になるもの~と思っていたら、昨日藤沢あゆみさんのブログですごいもの見てしまいました!

放射能を浴びると細胞が若返るし、眠っているDNAが起きるということ科学で説明してしまった方のお話です!!!!!

 「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A を書いた著者である服部禎男さん

ご自分が何故放射能が体に良いのか知るきっかけから、
いろんな方を巻き込んで学会に発表された事実、
アメリカや世界の研究者の常識を変えた事実、
など興味深いことを話されています。
「放射能は本当に怖くないのか?」服部禎男×エハン・デラウィトークライブその1
その2の終盤では、結構きわどいことを話されてますので、必見です。
エネルギーって政治が絡むから…
消えちゃうといけないので早めに見られることをお勧めします。
トークライブその2
この事実をひとつの情報として知ってから、いろいろ判断されても良いかと思いますよ。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+