友人にお借りして読みました

昔の漫画なんだけど、すごいなぁ~

ナザレのイエスの使い方がすごすぎ!
日本だから許されるけど^^

弥勒もそう使っちゃうのか!

など、
発想的に
びっくりすることいっぱいありました

きっと、情報が降りてきてるから
真実と創作とが
混ざっていると思うんだけど

確かにこの世は
生成するエネルギーと
終わりにむかうエネルギーと
両方あるから
このお話しの描く世界が
とても納得できる

この世を実験場と設定しているのも
なんか、理解できてしまう
(映画マトリックスは
この漫画が元になっているって
教えていただいたような…)

二極のエネルギー
どちらかに振れるのではなく
どちらでもないもの

その二極から生じるもの
それがわたしの今のテーマ

最近の自分の課題について
思考を整理させてくれるような
そんなストーリーでした

なるほどなぁ…

考えさせてくれる
お話し

おすすめです☆

 

 

 

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+