昨日は月3回のバイト日
いつも出勤時、富士山が綺麗に見えるんだけど昨日は見えず…
こんな日もまた良し。曇りだって天気のひとつだよ♪ 、とごきげんに出勤

 

で、なんかわからないけど、午後になってきたらイライラし始める…
なんでだろぉ?
生理でもないし、なんの影響???
他人に自分のペースが乱されているから???
きつい柔軟剤やいつも家では嗅いでない匂いの侵略に耐えられてない???

 

極め付け、帰ろうと思っていた時間に帰れず、いつもより一時間半も遅くなってしまった
仕事場に13時間もいるってありえない!

ガオーーーッ!
ってなりそうなわたしに天の救い

もう閉まっているだろうと思っていた、毎回帰りに寄っちゃう唐揚げ屋さんが開いていて唐揚げが買えた!

 

そして帰りの電車の中読んだ

GACKTのブログ

 

最後の救いの手、23:30に帰宅して電話で話した母との会話
いつものことだが母はわたしより過酷な中、それも毎日、長時間働いていた…
「 久しぶりにこんなにイラッってきちゃった~ 」
と話すわたしに、これから自分も食事なのに笑いながら諭す余裕…
さすが!我が母、ジャンバルジャン

 

いかんいかん
一人に慣れすぎてしまって人に影響されるという人間界の当たり前が受け入れられんかった
これもまた自然の理なり、よ

 

あ、それともうすぐ満月!
もう影響されてたんだ。
そうわかると、これ以上振り回されないで済むのでした

 

でも、振り回されたから気づけたことがいっぱい

 

雨が降ろうが、雪が降ろうが、
曇りだろうが、快晴だろうが…
どんな天気も、ただの天気なのです。

過ぎ去ってみれば、みな全て「経験」なのであります、な。

 

自分の軸を失っていたことに気がつけたので
お腹を下にして寝ながらアース
なにがあっても・どんな天気でも、自分のごきげんをとるのは自分の仕事なり

 

帰りの電車の中でおもむろに皮の鞄から湖池屋ののり塩ポテチを取り出して食べていたサラリーマン
彼なりの自分のごきげんのとりかただったのかな。

 

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+