新月から、めずらしく怒りの感情があがっていて整理してました。
自分を大切に扱えてない苛立ちだったのですが、感情を見つめ解放してもまた振りもどされ、なかなかしつこい。

昨晩、なかなか寝付けなくって、本を読んで眠くなるのを待ちました。
私にとって睡眠は大切な時間。

目を閉じてさぁ眠りに落ちていくぞ~って瞬間、最近邪魔してくるやな感じがまたやってきました。
私は戦いはもうしたくないのでいつも勝手にどうぞと無視していたんだけど、昨晩はしつこい。
私のフィールドに入ってきて、私と同化しようとする。

怒りや恐れではなく、いやだからエネルギー体で取っ組みあいになりました。
逃げても追いかけてくるから、つい本気モード。
千と千尋の神隠しの中で白が龍になった時、傷つくシーンのように、バタンバタンて感じ。

私を怒らせないで…と思いつつ龍体のエネルギーに変わり暴れはじめる私。
どんどん、力が大きくなり、以前の癖で我を忘れそうになり、
あ、やばい、挑発に乗ってしまった、このままだと外に引っ張られる、と思った瞬間肉体の自分に戻り、
かっ! と目が開き、

「エイッ!」

っと大きな男みたいな声とともに、いきなり右手が動き、
自分の中からそのエネルギーをはねのけ取り出しました。
陰陽師か私は…

天上近くにぽわぽわ~と黒いエネルギーが空中にゆっくり散っていきました。
まるで無重力空間に水が散らばっていくような感じで、黒い水の塊がゆ~っくり散るのです。

マトリックスみたい。あんなにCGっぽくないけど。

意外にしつこくゆっくりと消えていくのね…なんてボーっとしばらく眺めてました。
なんだこれは?ファンタジーな、ジブリの世界だなぁ~なんて思いながらいると、
新月から消えなかったイライラが無くなっていてすっきり。

これって、私のエゴが作り出したもの?

それとも、他の意図で作り出されたもの?

と、考えていました。

いろいろな気づきがあったのですが、とにかくもう寝よう、と目をつむると、間違えて最近買ったローライズ用のショーツがきつくてイラっ!
私は眠りを邪魔されるのが大嫌いなの!っと脱いで寝ました。

その後も、よく眠れなかったんだけど、他のエネルギーで邪魔されて眠れないのではないので文句はなく、ある意味すっきり。

中学からの友人や従兄妹たちははよく言っていました。
「寝ているたっこ姉ぇを起こすと異常に機嫌が悪く別人格になる」って。

そうなんです。
私が昔から一番嫌いなのは眠りを邪魔されることなの。
私の夢を操作したり、眠りを妨げるのはやめてちょうだい。
そんなことしないで出てくれば良いのに。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+