先日、面白い体験をしました
いつもだったらこうきたら自分はこう反応するってパターン以外の反応をしていたんです
もう一人の自分が、「 あれ?!私別人みたいな思考してる 」ってびっくりして
もう一度その体験を頭の中で反芻してみたんですが、いつもの思考パターンにいかないんです、感情がそこに動かないんです

あれ?おかしいでしょ、って自分を昔のパターンに導いてもわたしがのってこない

それが2回くらい続けて起こったんですよ
自分が自分でないみたいに物事とらえるっておもしろい体験でしょ?
あれ?わたしこんなだったっけ?わたしは誰?的な。
先日クライアントさんから、変化についての質問があったんです
そもそも自分が日頃どんな思考パターンか、何に感情が反応してしまうのかが分かっていないと、自分の変化にはすぐ気がつけないものです
昨日のわたしと今日のわたしの変化って気づける人ってあんまりいないんじゃないかしら?
わたしもそうだけど、みんなそんなに意識的に生きていないもの
よっぽどの人ではない限り 気がついたら変わっていたというのが多いんだと思います

 

 

先日、お顔のケアに来ていらっしゃるクライアントさんと話していたときのこと
彼女は数年前アクアにいらした時はすっごい乾燥肌で、ご自分が当時お使いの化粧品しか使えないっておっしゃっていました
そしてお風呂から出たらすぐ化粧水つけなきゃ乾燥して大変だって
わたしがお風呂から上がってもつっぱらないから化粧品塗るの忘れちゃうんですよね〜ってお話ししたら、うっそー!って。みんなそうなりますよ〜って言ったらますます信じてもらえなかったっけ…(^^;;

だんだんご信頼いただき、じょじょにパトラの化粧品に変えていかれ、早7年

当時のことを思い出して先日お話ししたら、あーーーーー!!!そうだったわ〜!そういえばいつの間にかつっぱらなくなってたぁ!と。

途中からどんどん無くなっていくシミにフォーカスされてたんで、乾燥はもうすっかりなくなっていたけど気が付いてなかったんですよね
フォーカスしてなければ、変化してもわからないのが人ってもんです

 
お肌も心も、何も自分はアクション起こさないで変わるってことはありません

現在の自分をちゃんと知っておくことと観察し続けることなしに変化はやってこないかと思います

自分にダメ出し出すんではなくてただ観察すること

自分を正しく見ることなしに変化はないと思います

 

 

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+