今日はバレンタイン。でもアップするのは19日

日記的に14日に書いてます。

14日朝から大切な歳下の友人が訪ねて来てくれました

その子は、わたしより19歳下、27歳

フラメンコをやっていた時の同期です

以前にもブログに書いているけど、わたしの大切な存在

彼女とはだいたい年に一回会うペース
変わり目に入っているので、去年から背中見させてもらっていました

施術に入って今年の背中を見てびっくり!まるで別人の背中

涙が出ました

これだけ変わるにはかなり頑張ったねって

今回の施術は何にしようか直前まで考えていました

彼女に無理のないようにしたいって思うわたしと、最高のことをして送り出したいというわたしが存在していました

実は彼女はこの週末19日に一人海外に飛ぶのでお餞別の施術だったから

彼女の生い立ちから言うとすんごい選択なんです

だからわたしの個人的な欲で日本でできる浄化はしちゃいたいなって欲深いわたしと、穏やかにいかせたいって優しいわたしとのせめぎ合い
多分、今自分にできる最高のことをしました
で、最後、いつもにはないびっくりするメッセージが思いがけず降りて来ました

彼女は本当に強い魂の持ち主

10歳の頃から知っているけど、こんな生き方誰もトライしないよって思うくらい苦労してきてます

そんな彼女に相応しいメッセージでした

さすが、わたしのお姫様だわ
お昼ランチしてたくさん話してお別れする時、駅でお花をいただきました


わたしのお姫様にピッタリなイメージの薔薇
駅でハグしてさよならしたら、感情ではない涙が溢れてきて

珍しくホームに上がる階段に着くまで姿見送れなくて、改札でバイバイしたら身を翻して帰宅しました

家に着くまでも泣いて歩いていて怪しい人だったけど、家に入ったらなお号泣で…昼間のその泣き声は怪し過ぎだろ!と、一人突っ込みながら、泣くわたし
悲しいわけでもないし、うれしいわけでもない

ただ、彼女のハートに合わせたら止まらなくなりました
一昨日の12日、突然耳に入ってきた高橋真梨子の『ごめんね』

♪ 連れて行って〜別れのないくーにーへ〜 ♪って聴いたら、

いや、嫌だろ。終わりがなきゃ、って思いました。

 

一年後の彼女の背中を楽しみにしているけど、でもね、帰って来なくてもいいんです

彼女が幸せになるなら

花を咲かせる場所が見つかったら、思いっきり咲かせてらっしゃいな

人生一度きり

何事にも終わりがあるもの

 
でも、わたしが貴女を大切に思う気持ちは、ずっと、変わらなかった

今生姿を変えて生まれていても。

で、今宵は門出の祝い酒

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+