昨日、瞑想会で自分の中の恐れを感じて、考えました。
私の中には、まだ、自分の才能を開いていくことへの恐れがあったのですね。
これは過去世が関係してることのなので根深いのですが、
私が「古珀術のヒーリングを受ける」という選択をしたことは、
一生変わり続けるということを選択したことでもあります。

生きるということは、一生止まらないということなのに、
昔の私の中には、どこかで、ここまでこうなったら安泰みたいな気持ちがあったかと思います。
今はこれで良いやってのはなくて、一生成長していくこと変わり続けていくことを選択しています。

そのコミットが古珀術のヒーリングを受けることにあったと思います。
そして実際、毎日、自分を見つめ感じ変わり続けているのです。

そんな訳で、自分にまだ「才能を開いていくことの恐れ」があったのは苦笑いです。
ま、これが等身大の私ですけど^^

ヒーリングを受けることにより、トラウマが少しづつ解消され、動きやすくなっているはずです。
せっかく受けたのであれば、今までの枠や自分の殻に閉じこもっていないで、
どんどん行動を起こして、自分を開いていきたいですよね。
積極的に動くことによって、今までの自分の行動範囲から見えなかったことに気がついたり、出会えなかった人に出会ったり、何かが変わるはずです。

今回の気づきをしっかり生かして、自分の可能性をもっと深めていきたいと思いました。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+