昨日はパトラ15周年記念の研修会と祝賀会がありました♪


電通さんの営業さんに撮っていただいたので、お花の前で。
島野代表と、パルシアの生みの親・小山社長。

私は、29歳からこのお二方の免疫理論を学ばせていただいております。
ずっとお二人を見てきています。

島野代表はもうすぐ70歳!
この写メを見ていておわかりのように、このつやのある輝く肌!!!

このきれいなお肌からはその年齢を感じません。
そして、ゴールドを使うようになられて、もっと色が抜けて白くなられています。
この日も輝くような、美しく免疫の働いている肌をなさっておいででした。

小山社長は77歳。小山社長は昔よりもしわがなくなっています。
男性も70歳を越すとどんどん老けていかれるスピードが速くなると思うのです。
でも、小山社長はそれを感じさせません。

やはり、こうやって生きながらの実例を目の前で見ていると説得力があります。
パルシアのすごいところは、年齢を重ねても、肌が老化する速度が遅いこと。
実家の母も70歳ですが、他の方たちと、肌の衰え方が違います。

整形や、無理やりきれいにしている肌はピーンと張ってきれいなんですが、果たして老化に耐えうるでしょうか。

島野代表にもしわはあります。でも自然なしわです。
本来の美しさとは、自然であることだと思います。
自分の免疫が働いて肌が美しいのは本当に自然です。

会社としては15周年ですが、パルシアは生まれて30年。
私も使い続けて13年です。
だからこそ、安心しておすすめできます。

対処療法的な、スキンケアは、時代の流行とともにどんどん変わっていきます。
でも、やはり、外側からではなく、内側、自分の免疫を働かせることが基本ではないでしょうか。
それに勝るケアは、私はないと思っています。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+