夏至の日は福岡に飛び、そこから熊本へ

熊本は6年前師の初めてのアンドロメダWSで出会った絵描きの友人・美子ちゃんが住んでいます

彼女とはそれ以来会ってなかったんだけど、何故だかご縁をずっと感じていて。

ご結婚され、旦那様が写真を撮って詩を書いてくれるアーティスト

その旦那様に作品を作っていただきに行ってきました

6年振りの再会で二度目に会ったんだけど、そうとは思えない居心地の良さ

本当に不思議でした

夏至は赤と白のイメージがあったわけですが

彼らは赤いシャツ、わたしは白いシャツ

イメージ通り、ビンゴ☆

今回は撮影に選んでくださった場所が入れなったりで、おかげでたくさんドライブできちゃってラッキーなわたし

そして、最後に行った場所がここ
とっても気持ちの良いところでした

写真撮られるのが苦手なんだけど、今回の夏至は自分の奥の解放が必要と感じていて

自分だけでは無理なので、人のお力を借りてまでもやりたいなって意気込みでの熊本行きでした

でもね、去年からずっと行きたかったの、九州

すでに行く場所も決めてたんだもの
昨年は、まだ時期ではないと思いとどまったんだけど、やっぱり時期が来ると、絶妙なタイミングで扉は開くんだなぁと感じました
本当に不思議だけど、バッチリなタイミングだといろんなことが起こるんですよね

まっこと、ふっしぎー!!!

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+