月曜日にネパール人の友人に誘われ、ネパールの女の人のお祭りTeezに行って来ました

新小岩のネパールカレー屋さんエバーグリーン、初来店♪

 

お祭り特別メニューを食べているうちに

だんだん人が集まって来て賑やかになり、

 

 

晴れ着の女性たちが入ってくると華やかになりました

ネパールではちょっと前の日本の田舎みたいで、結婚すると女性は旦那さんの家に旦那さんのご両親と住むんだそうです

で、この日だけは歌にのせて、自分のストレスを発散させるんだそうです

あと、一日中食べないで寺院に女性だけが集まり、旦那さんのために踊ったりするんだとか

女性が家事や家族から解放される日なんですね

 

日本のお節料理も女性が食事の支度をしなくていいためのものですもんね

昔のアジアはどこも同じだったのかな?

だんだんネパールも変わっていくのかもしれませんが、まだまだ家族のしきたりが強そうです
だからこそ、こんなに親族の方たちが仲良しなんだけど。

この会場には、ほとんどがグルン族かライ族の方たちでした
本当は族によっても、晴れ着の衣装は違うようですが、この日は国民的な晴れ着のサリー

インドから入った人が、いろいろいた族を統治をした結果だそうです。
いろんなことをお話して、どの国にも支配の歴史によっていろんなことがあったのだな~と勉強になりました
グルン族は屈強な山の民だそう
イムリを思い出しちゃった)

 

お祭りの様子

​​
老若男女踊るのです♪

たのしかったぁ~~~♡

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+