実家は軽井沢でペンションとレストラン経営をしています

毎朝、父と母が朝食を担当しています

私はたまにお手伝いしているのですが、そこにここ数年前から町のハンコ屋さんが毎朝登場します
なんだか、落語家みたいな人なんです、いつもニコニコして喋っていて

ハンコ屋さんが来ると私は、昭和の小説とかの物語の中に入った気分になるんです

父『おい、ハンコ屋、ちょっと駅まで送ってってくれ』

おい、ハンコ屋…って、とても昭和な表現じゃないですか?

母も私も彼を名前で呼ぶことはなく、ハンコ屋さん新聞持ってきて、ハンコ屋さんコーヒー入れて、ハンコ屋さんあのテーブル片付けてきて、とか。

で、何の違和感もなく やってくれる

ハンコ屋さんという登場人物

そのハンコ屋さん、実はなかなかのインテリなんです

ハンコ屋がある日の母に捧げた一句

『  ため息は  命を削る  カンナかな  』
母は、夏働き過ぎ、疲れてため息ばかりついてたらしく、この一句を持ってやって来ました

最近、私も浮かんだので一句
『  しあわせを  感じる心が  宝かな  』

いろいろあるのが人生

ハンコ屋さんもいろいろ抱えている

父も母も私もいろいろ抱えている

そんな人間たちが集まって繰り広げる朝のひと時

みんな個性的でまとまりなくて話している内容が自分勝手、そしてバタバタ忙しいのだけど、毎回不思議としあわせを感じるのです

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+