レインドロップとは

Young Living 社のアロマエッセンシャルオイルを使いながら行う背中への施術です。

このテクニックを開発した、ゲーリー・ヤング氏は、ネイティブアメリカンのラコタ族が代々行ってきた癒しの技法からヒントを得て開発したそうです。

ネイティブアメリカンのラコタ族の人々は、昔、オーロラのエネルギーを受けにみんなで北に移動し、太陽風が地球にもたらす莫大なプラズマ(電気)が美しく発光する「オーロラ」の下で、そのエネルギーを浴び心身の癒しを行っていたそうです。

国境といものができて、自由に移動が出来なくなってからは、鳥の羽で背骨を中心に身体を軽く撫でるという技法で、身体に電気的な刺激を与え、オーロラを浴びる癒しの代わりにしたそうです。

彼らが、そのように背中を軽く撫でて全身にエネルギーを広げていた方法にヒントを得たヤング氏が、アロマオイルの効能と組み合わせ、編み出されたものです。

レインドロップには、足裏に行う「ヴァイタフレックス」という手技の施術も、セットで行います。
こちらはヒマラヤのチベット僧が行っているエネルギー調整だそうです。

10種類ものエッセンシャルオイルを背骨にそって直接、雨だれのように垂らし、やさしく撫でるように広げながら、背骨を中心に体内に浸透させます。
これによって、全身の活性化と自然治癒力を高め、心身に深いヒーリングを促します。

とにかく受けられるとわかりますが、すごく気持ちがよくリラックスしますし、背中が軽くなります。

香りが苦手という方でも、純粋なこのエッセンシャルオイルですと気にならないようです。
香りからもとても癒しの効果があるようで、すぐみなさんうっとり静かになられます。
使われているオイルがとてもさわやかなエッセンシャルオイルばかりですので、実は香りが苦手な私が施術していても体調不良になりません。
自然な香りだと全然大丈夫なんですよね~^^

背中は自分ではケアできない場所ですから、たまにはケアしてあげてくださいね。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+