先月の軽井沢出張の時、地元の学校時代の友人に初めてエステの施術をしました。
彼女にはまつげパーマの施術をさせていただくことはありましたが、エステは初めて。
レインドロップ&ヒーリングフェイシャルのコースだったので、お背中から施術をしました。

友人の背中に触れている時、
「あぁ、なんてわたしは幸せなんだろう」
と、本当~に悦びと感謝の感情があがってきました。
大切な人の身体に触れて自分の得意なことをできるなんて。
そして、それを選択してくれた友人がいること。
こんな幸せなことってないな…って。

友達だからこそ、見せられない部分がある。
強がりなわたしはそういう部分があります。
だから、友人がわたしに背中を触らせてくれたことが、信頼してもらっていることの証に感じたんですね。
この仕事で、こういう気持ちになるなんて、思いもよらなかった。
気づかせてくれた友達に感謝です。
彼女とわたしはどこか似ていて、きっとお互いに痛みがわかってしまう。
だから、施術していてもイメージしやすかった。
出したかった結果どおりの感想をいただいて、微笑んでしまいました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

背中が軽くなった…っていう表現では何かが違う、いろいろな意味でカチカチだった背中が、ほんわり緩くなっているって感じ
お顔は…あたしの細胞があなたのいう事を聞いている感じ
ほうれい線は目立たないし。目尻のしわもかくれんぼ中~
毎日自分の顔を見ているから、顔つきが違うのも感じてしみじみ見つめています

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

わたしが彼女に関して感じるのは、知的で大きな愛を持った存在で深くて古く賢い目を持っている大天使的なビジョン。

どんどん本質の自分を解放し表現して欲しいです。
いろんな意味で古い友人とこうして今を生き、一緒に進化しようとしていることがうれしい☆
どんどん自分も、さらにさらに前向きな気持ちになるのです。
一人じゃないんだよね。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+