先ほど、軽井沢からの帰りの電車の中で、突然後ろの方にいる男性の声がいきなり耳に入ってきました。

男性A「この間、夜歩いていたんすよ」

別に抑揚もなく、テンポも比較的スローで、なんでこの人の声だけいきなり耳にこんなに届くんだろう?って不思議でした。

男性A「そしたら、道ばたに、入れ歯があったんすよ」

先輩「入れ歯?」

男性A「そう、入れ歯が落っこってたんすよ」

わたしの心の声「入れ歯???」

頭の中で、道に入れ歯があるを想像

男性A「で、近づいて行ったんすよ。なんでこんなとこに入れ歯が落ちてるんだろう?って思って」

夜中に入れ歯が道に落ちてるの図ってすごいじゃないですか…もうわたし耳ダンボ👂

男性A「そしたら、入れ歯がカスタネットだったんすよ」

って聞いた途端、久しぶりにマジでウケちゃって、吹き出してしまいしばらくとまらなかった。

カスタネットが口の中でカタカタカタカタって…これ混み合ってる電車の中で聞いたらヤバくないですか?

でも笑ってたのわたしだけだった😆

みんなゲームやったり自分の世界の住人だからね。

昨日整体に行ったら先生曰く体がすごいことになっていたみたいで、自分は気がつかないのにストレス抱えているんだなってわかりました。

何にもない人生なんてない。

そんな時に笑いって重要なんだなぁ〜ってあらためて感じました。

お笑いが流行っているというのは、そういうことなのかしら?

シェアしてくれたら嬉しいですShare on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+