先日、ベトナムに行ってきました。
とても食べ物も美味しいし、人も親切だし、素敵な国!
でもひとつだけ、ベトナムはバイクや車が多く空気汚染がひどいように感じました。
一日目にして、うーんやばいかも…って思いましたが、次の日明らかに鼻の粘膜がやられているのを感じ、その次の日には喉が痛い。
私は花粉症でも喉・気管支にくるタイプで、肉体的に弱い箇所なんですね。

帰国して血痰が出始め、やばいな~と思っていましたが、少し様子みようとまた自分で実験。
どんどんひどくなり、声も男性みたいになってきちゃったので、これは限界とパルシアを投入。
私は花粉症の季節は鼻からパルシアを吸い込んで喉に落とすのを一週間くらいします。
そうすると症状が出ないで済むんですね。
今日、朝から二度ほど鼻から入れましたら今は大分楽になってきました。
まだ痰は出てきますが、血は混じらなくなってきました。

私のように気管が弱い方にはおすすめです。
免疫細胞が頑張ってくれると本当に治りが早いですから。

シェアしてくれたら嬉しいですShare on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+