どんな人にも隠しておきたい、もしくは思い出したくない過去の出来事ってあるでしょう…

たまにクライアントさんのその隠している箱に触れて、自分の思い出したくないことを思い出すんです。

正直毎回ツライ

 

個人的にはいいと思うんですよ
過去のことはもう、どうでも。

罪悪感も持つ必要もない
過去は過去
今を生きているのは、今の自分

同じことをしなければ良いだけだし
むしろ、その苦い思いが、今同じ過ちをおかさない抑止力になっているんだもの。
過去の自分よ、ありがとう!しかないはずなのです

この満月に向けて、そんな過去があがりやすかったのか。

一回整理して、また新たに進んでいこうではありませんか。
素直に許しちゃいましょう、未熟な頃の自分の行い(過ち)は。

 

 

人ってほんと繊細な生き物です☆

 

 

シェアしてくれたら嬉しいですShare on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter