先日、気がついたら、左腕がおかしい

可動域もおかしくなっているし、首も痛い、腕も痛い…

む、む、む〜

自分を眺めていたら、PCをいじる時に変なクセ発見

左の肘を身体の真ん中にもってきて、そして顎をのせて肘をつくという

なんでわざわざこの格好するのか…

謎で、意味不明な癖を12月からし始めていたことに気がつきました

ただ肘をつくより身体の真ん中まで持ってきて

正中線上で肘をつくのって大変なんだけど…

なんでこんな歪ませることわざわざやっていたんだか。

気がついたのでやめるように意識したら、だいぶ身体も楽になりました。

わたしは、不安になると横向きに寝るようになったり、

何か心理的な作用があるとルーティーンからずれることをし始めます

だいたいし始めるときは気がつかない

身体がおかしくなってやっとなんでだ?とかえりみて、

そしてやっと心の中に気がつくのです。

今回は新しい癖なので、

どうしてこれをやっていたのかすぐに理由がわからないのですが。

(でも、ちょっとだけ今わかってきたかも…)

身体、特に背骨が歪むとろくなことにならないので、

さっさと治しておこうと思います。

もう十分寄り道したので良いでしょう。

人生は短い。

でも、今回の歪み、なんだか長く引きづりそうな予感…

そこで見つめるものがあるんだろうなぁ〜

シェアしてくれたら嬉しいですShare on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter